--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年06月22日 (土) | Edit |
とにかくバーベキューが好き

south1.jpg


カリフォルニアに引っ越して来てから数ヶ月。少しずつ生活にも慣れて来ました。
以前にブログの中で、南部の印象について、アトランタに住んでいる間に感じたことをまとめたいと話していましたが、思いつくままに書いて行ってみようと思います。


まず、バーベキュー。これは一番感じたことの一つです。
人が集まるとたいていバーベキューをして過ごしました。

イベント日は誰かの家へお呼ばれ、または人を呼んで肉を焼く。

週末も外でパパが肉を焼く光景を何度も目にしました。
もう一生分のバーベキューをしたんではないかと思うぐらいの、そんな数年間だったな〜(遠い目)。
私たちが引っ越す前に友人が家でお別れ会のようなことをしてくれたのですが、その日は食べきれないほどのステーキを焼いてくれ、家にもお土産で持たせてくれたので、もうバーベキューに関しては思い残すことはありません。


家の裏庭やデッキで、大体一家に一台は持っている図のようなバーベキューグリルで、ステーキ、チキン、巨大なポークやビーフのリブ、コーン等、焼ける物は何でも焼きます。

まあ、人を呼ぶときは、「お料理どうしよう?」ってあまり考えなくてもいいのでラクかもしれませんね。

私たちはアパート住まいでしたが、外に出ると、共同で使える備え付けのグリルがあったので、肉を焼くときはいつも利用していました。

海老ホタテもたまに焼きましたが、、サンマのような魚は近所の人が匂いを気にするかなーと思って焼けませんでした。

私が好きだったのは、グリルで焼いたポークを薄く削ぎ落とし、甘いバーベキューソースをたっぷりかけて、パンに挟んで食べるバーベキューポークサンドイッチ(画像)。
コールスローやビーンズ一緒にと食べるととても美味しかったです。
ローカルのお店だと、お店によって味が違ったりするので食べくらべたりしていました。


今住んでいるアパートにも備え付けグリルが一台ありますが、引っ越して来てからまだ実際に使っている人を見たことがないです。
ニューヨークやボストンにステイしていたときも、ホームパーティーに何度かお呼ばれしたことがありましたが、ここまで頻繁にバーベキューをする光景は見なかったかなあ。他の州はどうなんでしょう?
グラはもう使いたくてウズウズしているので、週末あたり、また肉を焼こうかなと思います。
それにしても、アメリカ人の肉の消費量には驚くばかりです…。
スポンサーサイト
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
2013年06月17日 (月) | Edit |
さあ、いよいよ目的地のSan Joseに到着します。


カリフォルニアはワインの産地でもあるからでしょうか。道の両脇にはぶどう畑もたくさん見えました。
それから、うねった山道をドライブしていると、イチゴチェリーの野外販売所があちこちにあったので買って食べてみると、とっても甘くて美味しい。



そうこうしながら走っているうちにとうとう着きました!


長かったけど、楽しかった~!


新しいアパートも下見もせずに契約したけれど、とてもきれいな所で安心しました。
が、、、最終日、全く写真を撮っていないことに気づく…。

ということで、後日行ったSanta Cruzの写真を載せます。
車で1時間弱の所にあるビーチ。

家からこんなに近い場所に海が見られる場所があることに感動しました。

santacruz1.jpg


ビーチ沿いには小さな遊園地があります。

santacruz2.jpg


これはお昼に食べたチャウダーとイカのカラマリ。

santacruz3.jpg

チャウダーはパンで出来たボウルに入っていて、ボリューム満点で美味しかった!


桟橋から海を見下ろすと、アザラシが泳いでいました。ヨットの横でひなたぼっこをしています。

santacruz4.jpg



下にもたくさん!

santacruz5.jpg


これで、えりグラ引っ越し旅日記は終わりです。
これから新生活が始まります。


ここまで長々と読んでいただきどうもありがとうございました。
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
2013年06月16日 (日) | Edit |
2日間のグランドキャニオンを楽しんで、この日はアリゾナからカリフォルニアに入ります。


道の回りがだんだんと砂漠っぽくなって来ました。
この旅行中なぜかずっと『バグダッドカフェ』という映画を思い出していたのですが、撮影場所がちょうどこの辺りのMojave Desert(モハビ砂漠)だったと後から知りました。

砂漠を見渡せる休憩所で一休み。
砂遊びするには多すぎるぐらいの砂ですね。楽しそう。

moving32.jpg



たくさんの風力発電の風車も見えます。

moving33.jpg


この辺で山火事があったみたいで、山頂の雲みたいなのは煙らしいです。

moving34.jpg


この日はTahachapiの近くの国道沿いのホテルに泊まることにしました。

moving35.jpg

回りには砂漠だけで何もありません。
なんだかほんとに『バグダッドカフェ』の世界みたいでした。

7日目につづきます。
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
2013年06月11日 (火) | Edit |
この日は以前から気になっていたセドナを観光。前の日に行ったチャイニーズレストランのウェイトレスの子に聞いたら、「特に何もない町だよー」と言っていましたが、日本人にも人気の観光スポットだと聞いていたし、あの安室ちゃんも行ったらしいと聞いていたので、ミーハーな私はどんな所か見てみたくて、全く興味がなさそうなグラを説得して行ってみました。

途中、くねくねした山道を通ると、たくさんの人が広場でバーベキューやキャンプをしているのが見えて、すごく楽しそう。日本の山道にも似ているけれど、所々に見える赤い岩が、森林と見事なコントラストになっていて、きれいでした。

セドナは思ったより小さい町で、信号機や建物も赤い岩に合わせて全部赤茶色にペイントされていて、なんだかディズニーランドのビッグサンダーマウンテンにいるみたい。

moving30.jpg


辺りにはスピリチュアル系のお店がたくさんありました。

moving29.jpg


とりあえず、町から少し離れたRed Rock State Parkをハイキング。名前の通り、赤い岩がたくさん見える園内をただただ歩きます。この日はウェディングの予約も入っていたそうですが、まだ時間が早過ぎたせいか、園内にはそれらしき人たちは見当たりませんでした。

moving24.jpg

moving25.jpg



↓途中の道にはサボテンや可愛い花がたくさん。

moving26.jpg

moving27.jpg




園内は約1時間ぐらいで一周することができ、またセドナの町に戻ってお昼ご飯を食べ、それからアートギャラリーパワーストーンのお店を見たりしました。ちょうどメキシコのシンコ・デ・マヨのお祭りもやっていて、とっても賑やか。

moving31.jpg



パワーストーンのお店では好きなヒーラーを選んで、リーディングをしてもらえるそうです。日本語の看板もあって、日本人観光客が多いんだなーと実感しました。

あと、ちょっと面白いなと思ったのは、マクドナルドのロゴがターコイズ色でした☆

moving28.jpg



帰りはまた同じ道を戻ってホテルへ。
途中でお土産屋さんに寄ったりしながら帰りました。

6日目につづきます。
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
2013年06月08日 (土) | Edit |
この日は楽しみにしていたグランドキャニオンや周辺の観光です。
まず、グラがどうしても見たいと言うMeteor Crator(隕石が落ちた場所)へ向けて出発。
国道をおりてから、なーんにもない荒野の一本道を6マイルほど走ると見えて来ました。

moving18.jpg



一見何にもないただの岩山のような場所ですが、中へ入ると、いきなり宇宙船が!

moving16.jpg




さらに奥へ行くと、ありました!大きなクレーターです。

moving17.jpg


このクレーターは約5万年前にできたそう。落ちた隕石はスクールバス一個分ぐらいの大きさなのに、クレーターはサンフランシスコのダウンタウンがすっぽり入ってしまうぐらいの大きさだそうでびっくりです。

希望者には下まで降りられるツアーもやっているそうです。



それから、車を運転してグランドキャニオンのサウスリム(南壁)へ向けて出発〜。

途中の道から見える山の頂上には雪が積もっていてとてもきれいでした。

moving19.jpg


そしてグランドキャニオンに到着!
車を降りてビューポイントへ歩いて行くと…、

moving20.jpg


わおー、美しい。
岩壁がどこまでもつづいていて、よく見るとコロラド川も流れています。高い場所にいるせいか、おしりがむずむずして来た…。


ふと横の岩を見るとコンドルが止まっています。

moving21.jpg


この辺にはいろんな場所にビューポイントがあって、シャトルバスで移動できます。ただ、小さい子どもを連れて行くときは、柵がない場所がけっこうあったので要注意。
Hopi Pointという、サンセットの景色が一番きれいだと言われている場所から夕日が沈むのを見ました。

moving22.jpg


確かに言葉に表せないほどきれいでしたが、近くにいた女の子達が崖ぎりぎりの所に座って写真撮影をしていて、いつ下に落ちちゃうんじゃないかと、そっちが気になってしまいました。

帰り道で見た星空がプラネタリウム並みにきれいだったのが印象的でした。


5日目につづきます。
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
2013年06月01日 (土) | Edit |
前の日早く寝たからか、この日は朝6時頃目が覚めました。
外へ出るととってもきれいな青空!

moving13.jpg


さて、この日はアリゾナへ向けて出発です。

この辺りの景色が、旅の中でもすごく美しかった気がします。荒野に小さい木々がぽつぽつと果てしなく広がっていて、だんだんと赤い大きな岩が見え始めます。

moving14.jpg


moving15.jpg




個人的にはニューメキシコ→アリゾナの道が一番好きでした。
途中にはインディアンのお土産屋さんがいくつもあって、私の購買意欲が刺激され、何度も車を泊めたくなってしまいましたが、この日にグランドキャニオンの近くまで行かないと、観光が出来なくなる〜!と自分に言い聞かせ、必死でドライブ。


そして、夕方になり、目的地のFlagstaffという町まであと少しという所で、目の前を走っていたグラのトラックがいきなりパンク
トラックのタイヤからは白い煙がモクモク上がり、あわてて国道の脇に駐車。U-Haulに電話すると、30分ぐらいですぐに交換に来てくれたので助かりました。

そうこうしているうちに日も暮れて、ホテルに着いたら疲れきってしまい、部屋でピザを注文。食べ終わってから翌日の予定を立てるつもりが、10時頃には寝てしまいました。

4日目につづきます。
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。